2005年05月29日

Pさん・電車の旅第三弾、今度は母さんと一緒

ほぼ一週間ぶりの更新だ。。

先日の昭和記念公園へのキャリーバックの旅がうまくいったので、この際Pに慣れてもらおうと思い、今日は母と都内某所の兄の家に連れて行くことに。
Pの大好きな兄に会えれば、電車も嫌がらずに乗ってくれるだろう、と単純な考え。。

駅に着いて、Pをバックに詰め込んで電車に乗る。
今回も大人しい〜、と思ったら、母がしゃべって声が聞こえると、小さくキューンと鳴いている。。涙
母が大甘なので、甘えてるんだろうなあ。
とりあえず母には黙っててもらった後は、大人しくなって目的地の駅に着いた。

実は兄が住んでる場所は、休日はギャルやらがいっぱいで、とてもまっすぐには歩けないようなところ(どこかわかりますよね??)
表通りは無理なので、裏道を歩くことに。。

P「都会が似合ってるだろう??」
2005529.jpg

Pは兄の家に着いたらおおはしゃぎで、家中を探検して周った。

兄宅のくじらの抱き枕とP。
何だかとってもうれしそう。。
20055292.jpg

疲れた頃に、またキャリーバックに入れて帰宅。
今日は慣れない都会?に行って、とても疲れたらしく、先ほどから爆睡中。

たまに「ブヒッ」と鼻を鳴らしていたけど、大半は大人しく電車に乗れていた。
Pさん、合格です。
嫌がらずに、また行きましょう。
posted by kei at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Pについて | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。