2005年05月14日

ジャンピング・アタック(昔話)

このところ、毎日寒い。
春というより秋のようで、この後、冬が来そうな感じ。
Pも寒いのか、家の中でゴロゴロ。
そんなPなので特に書けるようなこともないんだけど、一つ思い出した話が・・・。

去年の夏、私が帰宅しようと歩いていると、向こうからPと母がやって来た。
お散歩がてら私を迎えにきたらしい。

Pは私を見つけると、リードをしているのに駆け寄ってきて(当然、母は引きずられております)、ジャンピング・アタック。あまりにしつこいので抱き上げると、いきなり耳をなめようとしてきた。その瞬間、私のしていたピアスが外れて、どこかにいってしまった。
Pが飲み込んだのではないか、と私と母は真っ青になって、いつも行っている動物病院に電話をした。「すぐ連れてきて下さい」と言われたので、
Pを母のママチャリの荷台に乗せて、急いで病院に行き、Pのお腹をレントゲンを撮ってもらった。

現像したレントゲンを見たら、お腹の中にピアスはなかった。

すごくホッとしたけど、ピアスはどこに??
ピアスの実物を見ないと、Pのお腹にない事が信じられず安心できない。
家に戻ってから、その場所を懐中電灯を持って探してみたけど見つからなかった。
次の日の朝、母がまた探しに行ってくれたけど、やはりなかった。
「レントゲンも撮ったし、Pのお腹の中にないならいいじゃないか」と母と二人ですっかり諦めて、会社に行こうとその道を歩いていたら、道端にキラキラ光るものが見えた。
私の落としたピアスだった。

という訳で、母とPはそれ以来、二度と私を迎えに来なくなった。
私も帰宅時はピアスを途中で外して帰るようになった。

P「ボクのお迎えはいらないの?」
2005513.jpg

家で待ってて下さい。

(長文お読み下さり、ありがとうございました)






posted by kei at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | Pについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怖ぁ〜い!!ピアス飲み込んじゃった?!って考えるだけでもゾッとしますね!!
でも、本当にピー君が飲み込んだんじゃなくて良かったですね。
ピアス見つけたときは!全身から力が抜けるぐらいホッとしたでしょうね(*^^*)ホッ
Posted by ゆん at 2005年05月15日 09:17
それすっっごいわかります!
「喜びのジャンピング・アタック」ってものすごい勢いだし、耳まで舐められたら、「あ!ピアスが・・!!」ってなりますものね〜。
うちはデイジー姫が「ジャンピング・アタック&顔・耳ペロペロ攻撃」なので、いつもヒヤヒヤです^^;普段、外出する時以外はピアスをはずすようにしてます。
Posted by キャサリン at 2005年05月15日 11:44
ゆんさん

その時はほんとに怖かったですよ〜。
レントゲンを撮っている間、「どうか飲み込んでませんように・・」とそればっかり考えてました。ピアス見つかった時はすぐに家に電話しちゃいました。
飼主の不注意から、Pに辛い思いをさせたくないので、それからは十分注意しております。。

キャサリンさん

「ジャンピングアタック」、テンション上がりまくりで、そりゃあもう大変。。
デイ姫のジャンピングアタックなら、是非受けてみたい。。
Pはこの時、ピアスが珍しかったみたいで、思わず口にしてしまったみたいなんです。。ほんとに怖かった。。
この時怖い思いをしたので、ピアスはあまりしないようにしています。穴がふさがるかも・・?
Posted by kei at 2005年05月15日 23:06
突然の書き込みで失礼いたします。
愛犬家のための月刊誌、「Dog World」の別冊を編集しております、川西と申します。

このたび成美堂出版より、「プードルファミリー2006年版」を発行することになりました(2005年7月中旬発行予定、128ページ、A4ワイド版)。既刊の「プードル大好き!」「プードルファミリー2005年版」につづく、同編集部3冊目のムックです。

今回の「プードルファミリー」では、「脱・オレオレプードル! 内弁慶を徹底解消」(仮題)という特集を予定しております。
Pちゃんとの日記を拝見いたしまして、「内弁慶」という記述がありましたので、もしよろしければこの企画のモデル犬として、取材にご協力いただけないかと思いまして、書き込みをさせていただきました。(実際は内弁慶ではないということでしたら、申し訳ございません)。
もしご協力をいただける場合は、ドッグトレーナーの先生とともにお伺いしまして、お話をお聞かせいただけたらと思っております。

突然の書き込みで誠に失礼かとは存じますが、取材ご協力の可否につきまして、お電話またはメールでご連絡をいただければ幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。

「Dog World」別冊編集部 川西 雅子
TEL 03-3295-5400 FAX 03-5282-7136
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2 共同ビル(新錦町)3F
Posted by 「Dog World」別冊編集部 川西 雅子 at 2005年05月16日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3636053
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。