2005年08月07日

Pの災難

世の中は、今夏休みなのかなあ?
私の夏休みはまだまだ先です・・・。

今日は、Pの身に起こった災難のお話。

ある日の夜、母とPと3人で散歩をしていました。

ある家の前を通りかかろうとした時、その家の玄関が空いて、中から人が出てきました。
その家の玄関に、大きいわんちゃんがいたのがちらっと見えたのですが、そのわんちゃんがPと目があった瞬間、玄関を出て来てネズミを追う猫のようなものすごい勢いで、Pのほうに飛び掛ってきました。
もちろんPは私にリードを持たれたまま逃げようとします。その道路は車が結構走っているので、絶対に離せません。

大きいわんちゃんがPに追いついて、Pのわき腹の辺りに口をつけたところで、大きいわんちゃんの飼主さんが、わんちゃんをやっと押さえ込んで、「このこ、気が強いのよ。ごめんなさいね」と何度も謝ってくれました。
私はPを抱き上げて、恐怖で震えながら家に帰りました。

Pはというと、特に怖かった様子もなく、その後はグーグー寝ていました。
でも、その後その家の前を通るときのPはものすごい早足です。
Pにとても怖い思いをさせてしまい、可哀想なことをしてしまいました。
災難はいつやってくるかわからないものですね。
今回は無傷ですみましたが、わんちゃんを守ってあげられるのは飼主だけ、という事を再確認した次第です。。。

P「やっぱり怖かった〜〜」
200587.jpg

↑久々に書くと、また長文。。
posted by kei at 22:52| Comment(7) | TrackBack(0) | Pについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしたね。
怪我がなかったのが不幸中の幸い。
トラウマにならないといいですね。

Posted by ねろママ at 2005年08月09日 01:17
これって、一瞬で本当に怖い事になっていた事件。この間、先輩のプーちゃんがピットぶるに足を噛まれて、骨が砕けた話を聞いたばかりなので、あれこれ考えていました。
何事も無く済んで、本当に良かったですね。
Posted by ピッピママ at 2005年08月09日 21:08
ねろママ〜

ご心配ありがとうございます。
Pに怪我がなくて本当に良かったです。
大きいわんちゃんを嫌いにならないといいんですが。。しばらくはあまり近寄らないようにしてあげたいと思っています。

ピッピママ〜

本当に一瞬の出来事でした。
飼主さんがすばやく押さえ込んでくれなければ、Pもピッピママの先輩のプーちゃんと同じようになってたかもしれません。
先輩のプーちゃん、人事ではないのでとても心配です。

今回、Pは怪我がなくすみましたが、今後はもっとしっかりと注意してあげないといけないなあ、と思っています。

Posted by kei at 2005年08月09日 23:53
P君怪我がなくって良かったです。
バックスも最近悪気はなかったんだけれど6頭の大型犬に追いかけられてしまい、ブルブル振るえてしまい大変でした。それ以来大型犬がちょっと苦手になってしまったみたいです。P君も相当怖かったでしょうね。頑張れ!!P君!!
Posted by バックスママ at 2005年08月10日 00:03
Pくん怖かったね〜。怪我がなくてよかった。
ルークもあんまり怖い目にはあったことがないので大きなワンちゃんにも向かって行ってしまうんです。
本当に守ってあげられるのは飼い主だけですよね(^^)
Posted by Junko at 2005年08月10日 00:12
P君。。本当に無事でよかったです!大型犬に噛まれると、代償はかなり大きいと思いますので、本当に良かった!!!
Posted by キャサリン at 2005年08月10日 12:48
バックスママ〜

バックスくんもPも多分「遊ぼう!」という感じだったんだと思いますが。。
相手によってはそうとられないのですよね。
今回は怪我がなくて本当によかったのですが、少し考えてしまいました。。

Junkoさん〜

コメント、ありがとうございます!
Pも大型犬にも妙に親しげな行動をとったりしてました。
近所のおじさんに「一度怖い目に合うと、辞めると思うよ〜」と言われていて。。
確かに今回で懲りたかもしれませんが、どうでしょう??
怪我がなかったので、こんなことを言えるのですが・・・。

キャサリンさん〜

ご心配ありがとうございます。
今回のようなことで、亡くなってしまうこともあると思います。
怖い思いをさせた上に、取り返しのつかないことになったら。。と思うと、今でも背筋がぞっとします。
Posted by kei at 2005年08月10日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。